混練機
減圧式加圧型ニーダー

ポーラスの巻き込みを嫌う材料の混練に適した減圧型、DPF等、セラミック配合のハニカム押出用に最適。
減圧式加圧型ニーダーは、減圧状態で新素材や高硬度ゴムパウンドなどの材料を混練するために開発されたニュータイプの加圧型ニーダーです。減圧中で混練することにより材料中の気泡がほとんど無くなり、数々のメリットが生まれます。より良い練りを必要とする、これからのコンパウンディングには最適の加圧型ニーダーです。

特徴

  • 混練材料の気泡が大幅に減少します。
  • 減圧状態と加圧を同時に行ないながら強力混練が行なえます。
  • 高硬度ゴムコンパウンドなど練りにくい材料も混練り出来ます。
  • 減圧混練のメリット(物性向上など)があります。

用途

  • ゴム、プラスチックコンパウンド、セラミックスコンパウンド、新素材、接着剤など様々な材料に対応します。

仕様

型式DV3-10

混合容量(リッター) 3L
混合ローター回転数(RPM) 3.2~48(前)
2.6~39(後)
モーター容量(kW) 7.5 可変即モーター
反転方式 電動反転式 0.4kw
真空ポンプ(kW) 0.4